ラベイユについて

「 L'ABEILLE ラべイユ 」
について

「L'ABEILLE ラべイユ」は約70年以上前に愛媛の養蜂家として
蜜柑のはちみつを採っていたという歴史からスタートしています。
そして、今もなお、東京高尾山の山麓とその周辺で養蜂事業を続けています。
また、近年、都市と自然環境との共生を目指して、都内や地方都市で広まっていった都市養蜂、
みつばちプロジェクトの多くに参加し、
みつばちが活き活きと生きていける環境を守る活動を支援しています。
そんな私たちだからこそできる「はちみつ専門店」が「L'ABEILLE ラべイユ」です。

“ラベイユ”とはフランス語で“みつばち”のこと。
私たちは、養蜂家としての知識と経験、養蜂に対する理念を携え、
みつばちのように、花の咲く時期、世界中、日本中の養蜂家を訪ね歩き、
確固たる信念と、確かなる腕を持つ養蜂家と互いに認め合い、信頼関係を築いてきました。
彼ら養蜂家たちは、養蜂家としての歴史と誇りを持った人々。
双方の信頼関係のもと、私たちは彼らから、はちみつを仕入れることができています。

素晴らしい養蜂家達からの「本物のはちみつ」を丁寧に、大切に扱い、
「みつばちと自然が作り出す本来の味わいを持ったままの美味しいはちみつ」を
皆様にお届けします。
その数は、世界10ヵ国80種類以上。
独自の品質基準で管理し、仕入れから販売までを一貫して行っています。

日本を含む世界の、美しく豊かな自然の恵みから頂けた
はちみつはバラエティ豊か。
それら数々の豊富な味わいを四季を通し、
日々の生活の中でお楽しみください。

「 L'ABEILLE ラべイユ 」
のはちみつ

日本を含め世界には、1000種類あるといわれるはちみつ。
私たちは世界の養蜂家たちのところに直接足を運び
はちみつの品質はもちろんのこと、養蜂場や工場の環境、養蜂家の技術を
自分たちでしっかりと確かめ、
養蜂家のミツバチ・はちみつ・自然環境に対する考え方に
共感できるかを、大切な判断軸として持ち、仕入れをしています。
主に、はちみつとしての味わいの特徴がはっきりとしている
単花蜜(モノフローラルハニー:主要な1種類の花から採れたはちみつ)を
バラエティ豊かにとりそろえています。
仕入れ→ろ過→瓶詰→流通→販売まで一貫して行っているからこその、
トレサビリティのはっきりしたはちみつ、
採れた時の美味しさがそのままの状態のはちみつ。
それが「L'ABEILLE ラべイユ」のはちみつです。

ラベイユの世界10ヶ国80種類以上のはちみつは、
それぞれ、採れた土地・養蜂家・蜜源となる花の種類の違いにより、全て味わいが異なります。
又、はちみつは、自然からの産物です。採れた年の気候によってもその味わいが異なります。
まるでワインのように奥深いはちみつとの一期一会をお楽しみください。